・顧客を第一とし、真に価値のあるソフトウェアを提供する。
・技術革新に対してチャレンジし、新しい価値を創造する。
・社員の開発能力を伸ばし、生産効率を高める。
・権限委譲による主体性を高め、経営基盤の体質強化を図る。
・収益性を高め、活力ある発展と社会への還元を図る。